毛見のおうち リフォーム4
2018年あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。


現在リフォーム工事を進めている 毛見のおうち。         

現場での打ち合わせも多くなってきました。



c0358594_10542794.jpg

この日は 奥さまと娘さんが来てくださって、現場の状況を説明しています。

現場が思うように進まず、ご心配をおかけしていると思いますが、

楽しそうに中を見て回ってくださり、

「ワクワクしますね~!!」の言葉。



c0358594_10544508.jpg

奥さまは、本当に建物やインテリアがお好きで、

おうちづくりもとても楽しんでいらっしゃいます。


「本当に 設計図面通りにできるんですねー」と感想をおっしゃっていましたが

なかなか普通は図面通りかどうかはわからないので

びっくりしていると、「毎日、寝る前に図面を見ていますから!」

とのこと。


うれしくて涙が出そうになりました。



c0358594_10543394.jpg
ここは 浴室から洗面になる予定の場所です。

現場で工事を進めている間に変更した点なども説明していきます。



そして 今回は ここで床材やカーペットのサンプルを見ながら

どんな素材や色にしたいかのイメージも打ち合わせしていきます。



c0358594_10541532.jpg
現場で見ると雰囲気も想像しやすいです。


お2人で、「これかなー、やっぱりこっちかなー」と

決めていかれます。


そのお気持ちを受け取った上で、さらに良くなるものがないかを

こちらでもまた検討していきます。



今回のおうちの中で大切な役割をしてくれる建具の一つが こちら  ↓


c0358594_10540465.jpg

2・5メートル × 2・6メートルの 窓枠です。



これは リビングに取り付けます。

ここにガラスが入って 中庭を眺めるときのことを想像すると

本当にワクワクします。





そして 吹き抜け部分

c0358594_10535379.jpg
「いいですねー」と眺める奥さま。





もともと 吹き抜けはつくろうと考えていましたが、

空調の効率の問題もあり、迷う部分もありました。

そんな時、奥さまから「ぜひ吹き抜けをつくりたい!」と

ご要望をいただいたので、迷いも吹き飛び、

ここしかない!という絶妙の位置に吹き抜けをつくることが

できました。







次の打ち合わせでは 最終的なコンセントの位置などを決めていく予定です。

今年もよろしくお願いいたします!





c0358594_10523419.jpg
「はやく できてほしいね・・・」

というお気持ちが背中から伝わります。


本当にお待たせしてしまいすみません><


とにかく急ピッチで現場が進むよう工務店さんにもがんばってもらわなければ!!

現場の職人さんたちと連携も取りながら丁寧に



でもなんとかスピードアップをおねがいします!! 
(職人さんたちへの心の叫び・・・)





[PR]
# by o320 | 2018-01-08 13:34 | 毛見のおうち リフォーム
毛見のおうち リフォーム3
暑い夏もようやく過ぎて、気持ちのいい気候の中で
工事もどんどん進んでいく・・・・はずが
大雨台風が続き、思うように作業ができない日も
多く、工事泣かせの秋の始まりとなりました。

そんな中ですが、無事解体も終わり、基礎工事終了しました。



c0358594_16112949.jpg



新しい間取りに合わせた基礎が作られていきます。


c0358594_16124689.jpg


古い建物なので、15ミリ傾いているところがあることが判明135.png

丁寧に調整していきます。

c0358594_16132459.jpg

c0358594_16131372.jpg





雨が続いて現場で作業ができないときも
職人さんたちが製材所の作業場で柱になる木材などをつくってくださっていました。

c0358594_16120572.jpg

そして雨のあいだに Hさんご夫婦と窓枠や屋根の色をきめました。

2階の特大の窓の木枠黄色赤茶色かで

悩みに悩みに悩んだ末・・・・

何色にしたかは完成してからのお楽しみです(笑)



Hさんご夫婦も新しいおうちに置く家具などを選んだり
わくわくと待ってくださっています。



今、現場では

新しい間取りに合わせて、いらない柱を抜いたり

必要な部分に柱を入れたりしています。




c0358594_16133750.jpg


リビングから玄関になる場所を見たところ ↓





c0358594_16130004.jpg
道路を挟んだところにある山の緑が吹き抜けや2階の窓から
見えるようになります。





2階から見た景色 ↓



c0358594_16123415.jpg

中庭と浴室になる場所です。




                解体前の外観はこんな感じでした ↓

c0358594_12563424.jpg


               解体後 ↓

c0358594_16111069.jpg

来年2月頃の完成に向けて ここからどんどんおうちの中も
できていきますよ~。


c0358594_12510749.jpg



[PR]
# by o320 | 2017-11-06 17:34 | 毛見のおうち リフォーム
毛見のおうち リフォーム 2
解体工事が進む毛見のおうち

c0358594_12530036.jpg

8月の猛暑の中 職人さんたちが頑張ってくださいました。



もともとHさんご夫妻のお母さまが飲食店を営んでいらっしゃったので
1階の半分が店舗として使われていました。


お母さまもご高齢になりお店は数年前に閉められたのですが、
店舗としてつくられた空間は、住居として使うことは難しく
長い間、そのままにされていました。


c0358594_14232711.jpg


今回のリフォームではその店舗部分を含めた1階部分で
ご夫婦の生活が全て成り立つようにし、
2階部分は減築して お子さんたちが家族で帰省されるときの
スペースとして考えています。



大好きなご主人。

これまでは2階の一部屋を読書スペースとして
使っていらっしゃいました。


c0358594_12554800.jpg

リフォーム後は1階の中庭を囲むコの字型の一部分が
ご主人の書斎スペースになります。

              



           解体前はこんな感じでした ↓
c0358594_12552086.jpg



            解体後・・・↓


c0358594_12544222.jpg

       リフォーム後はこんな感じ ↓
c0358594_12494609.jpg
      ↑ 左上のスペースがご主人の書斎に。



      和室から台所をみたところ ↓
c0358594_12553021.jpg
 ↓ リフォーム後は2階につながる吹き抜けのスペースになります。
c0358594_12534703.jpg


そして 解体前はお風呂場だった場所が、中庭になって ↓
 
c0358594_12542957.jpg
そこからおうちの中をのぞくと・・・ ↓


c0358594_12515021.jpg


ダイニングキッチンが見える、こんな感じになるのですー!!


模型を見ているだけでわくわくします!!

(オーハタクンは毎日頭から煙が出るほどいろんなことを
 考えているので、わくわくどころではなさそうですが(苦笑))


Hさんご夫妻が楽しく幸せな気持ちで過ごしていただけるよう
完成までがんばるのみです!!



               

[PR]
# by o320 | 2017-09-11 17:53 | 毛見のおうち リフォーム
毛見のおうち リフォーム 1
平成29年8月某日

先日 解体が大詰めを迎えた現場に行ってきました。

c0358594_13064166.jpg
今 手がけているのは、
和歌山市毛見にある 築41年のおうちのリフォームです。


間もなく定年を迎えられるHさんご夫妻のためのおうちです。

Hさんご夫妻は、以前高松のおうちの完成見学会
見に来てくださっていました。

とても素敵なご夫婦で、おうちへの想いも深く
一緒におうちづくりをさせていただけたら楽しいだろうなぁと
思っていました。

その後もしばらくお2人でいろいろなハウスメーカーさんなども見て回られた
そうですが、高松のおうちでなにかぴんときていただけたのか
今回ご依頼をいただくことになり
本当におうちづくりというのは、うれしいご縁なんだなぁと
改めて思っています。


リフォーム後の外観はこんな感じになっている予定です。

c0358594_12510749.jpg
既存の建物がある場合
リフォームするか、新築にするかというのは
難しい問題です。

今ある建物を壊して更地にし新築にすると、
解体や構造計算の手間は少なくなりますが
予算的な制限が大きくなり、ダイナミックかつ繊細な空間づくりが
難しくなります。


リフォームをすると
柱や屋根や壁の構造体を使うことで費用の節約になります。
節約した分の費用をほかの場所にかけることができます。

なにより今回は親御さんの建てたおうちを残すことができます。

ただ、リフォームをする場合
構造体の費用を抑えることはできますが
解体する際にとても手間がかかります。
また既存の形や柱の位置などによって、制限が出てきます。

どちらにも良いところがあり、
どちらにも制限があります。

だからこそ、そこで精一杯知恵を絞り
考えて考えて、どうすればベストな建物を
つくることができるのかを追求するのが私たちの仕事です。

住む方にとってよりイイカタチになるのかを
考えることは建築設計事務所の大切な役割だと思います。

今回は
あるものを最大限に生かすリフォームというカタチが
よりお2人の生活が豊かになる空間をつくることができると
考えました。



その中でどれだけ
お2人の希望を叶えることができるか
お2人の想いを超えることができるか

毎日頭から煙を出しながらがんばります(笑)




[PR]
# by o320 | 2017-09-03 09:51 | 毛見のおうち リフォーム
海南のおうち リフォーム2
先日、海南のおばあちゃまのご家族から
うれしいご報告をいただきました。


おばあちゃまがとても喜んで
お元気におうちで過ごされているとのこと!

そんな風にいっていただくと本当にうれしくなります。

c0358594_17044454.jpg


ガラスはもともとこのおうちで使われていたものです。

空間に合わせてカットしたガラスに木の建具をつくってはめました。

この窓でご近所の方とお話ししてくださってるとうれしいのですが・・・








c0358594_17051443.jpg


この収納・・・、気に入っています(笑)

もちろん普通の壁にしたほうが手間はかからないのですが、
壁の前に食器棚などを置くとその分のスペースがもったいないですし
おばあちゃまが手すりを使ってあるくときの邪魔にもなります。
(撮影後、壁伝いに手すりを付けています。)


へこませることで、空間に奥行きが出ますし
ストレスなく使うことができるのではないかと思っています。



c0358594_17084779.jpg



今はきっとおばあちゃま愛用の食器などがたくさん並んで
家具やベッドなど、ご自身の使い勝手の良い配置に
されていることと思います。





新しいものをつくるだけでなく
これまで使ってきたものを
メンテナンスしたり直したりしながら使い続けることは
とても心地よく素敵なことです。


これからも うつくしい佇まいを追求しつつ
住んでくださる方にとって良いたてものをつくることができるよう
精進の日々です。






[PR]
# by o320 | 2017-08-16 16:58 | 海南のおうち リフォーム



家のカタチ
by o320
カテゴリ
ヒビノコト
松江のおうち
高松のおうち
松島のおうち
海南のおうち リフォーム
海南のおうち
毛見のおうち リフォーム
以前の記事
2018年 01月
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 03月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
その他のジャンル
外部リンク